このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホーム > アンカー工事

アンカー工事

アンカーは、構築物と地盤の両者にアンカーケーブルの両端を固定し、アンカーケーブルにプレストレス力を与えることによって、構造物を仮説的におよび永久的に発生する過大な応力、変形、変位などに対し安定させるために、地盤中に設置されます。

ジオ&ウォーターのニューフロンティア技術開発

共和防災建設株式会社:アンカー工事共和防災建設株式会社:アンカー工事アンカーは使用目的、使用期間、アンカーの構造、アンカー角、グラウトの注入圧力、引張材の種類、緊張定着方式などで分類 されます。選定に当たっては、それぞれの特性を考慮して設計、施工条件に適したものを組み合わせて用いる必要があります。

■使用目的による分類
●永久アンカー
●仮設アンカー/埋設アンカー…地盤内に設置・除去式アンカー…引張鋼材を撤去
■アンカーの構造による分類
●アンカー幹体の地盤に対する定着型式/摩擦定着型式、支圧定着式
●引張材のグラウトに対する定着型式/引張型・圧縮型・複合型
■アンカーの角度による分類
●鉛直アンカー/水平面に対してほぼ90度、水平分力に期待しないアンカー
●斜めアンカー/水平面に対して一般に10~45度で打設されるアンカー
■引張材の種類による分類
●PC鋼線
●多重PC鋼より線
●PC鋼棒/ケビンデュターブ
■注入加圧による分類
●無加圧注入アンカー/グラウトの自重のみが自然に作用
●低圧注入アンカー/人為的に10キログラム/平方センチメートル以下で加圧
●高圧注入アンカー/人為的に20キログラム/平方センチメートル以上で加圧
■緊張定着方式による分類
共和防災建設株式会社:アンカー工事●くさび定着方式
●ナット定着方式/ケビンデシュターブ
●くさびナット併用方式