このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホーム > 地すべり防止対策工事

地すべり防止対策工事

地すべりの発生は、人命や家屋、道路などを破壊し、生活に大きな被害をもたらすだけでなく、田畑への被害、下流への洪水被害などをもたらします。
その発生原因としては、滑りやすい地層、風化しやすい地層と、長雨や雪解け水の浸透による地下水悪影響などが原因として考えられます。

災害を防ぐための対策

共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事集水井工・集水ボーリング工
地すべり地の内外で、最も地下水の集中している場所に井戸を掘り、そこから集水ボーリングを行い、地すべり地内の地下水を井戸に集めて地すべり地外に排除します。
共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事排水トンネル工
安全な地盤のところから、地すべり地に向かってトンネルを掘り、地下水を抜き取ります。

共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事横ボーリング工
ボーリング機械を使って地表面や集水井戸の中から水平あるいは少し上向きに地内に向けて孔を掘り、地下水を地すべり地外に排除します。
共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事アンカー工
ワイヤーや棒状の鋼材などをすべり面の下の動かない地層まで打ち込んで、地すべり土塊を土塊表面に張り付けたコンクリート枠につなぎとめる。



共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事深礎工(シャフト工)
共和防災建設株式会社:地すべり防止対策工事直径が数メートルにもなる穴を掘り、
その中に鉄筋を組んで
コンクリートを流し込み巨大な杭を作る。



杭工
すべり面より深くまで杭を打ち込む工事により地すべりを防止します。