このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホーム > 企業活動 > 東日本大震災後の新しいまちづくり

企業活動

弊社は、自然環境保全を念頭に、人にも地球にも優しい防災・防除・減災の工事、施工を行うとともに、地域社会活動を行っている団体に賛同し、積極的に地域社会活動に関わっております。
人と自然が調和するための社会活動に賛同
東日本大震災後の新しいまちづくり
森を守り、そして人を守る
□東日本大震災後の新しいまちづくり
日本は世界で最も地震の発生する国であるため、長い目で見れば、災害は一定の周期で繰り返される。
弊社は、今後このような地震が発生しないことを願いますが、発生した時の防災・減災に貢献して、積極的に関わっていきます。
そのひとつが、フォレストベンチ工法です。
フォレストベンチ工法は、斜面を階段状に造り変え、森を再生する技術です。
大雨、地震に強い上に、環境にも優しい、防災対策工として注目されております。
また地形、地質を選ばないことも特長の一つです。
詳しくは、「フォレストベンチ研究会」のホームページをご覧ください。 尚、施工等については、弊社までお気軽にお問い合わせください。
●フォレストベンチ研究会
 【URL】 http://www.forestbench.com/index.html
弊社は、フォレストベンチ研究会に加入し、フォレストベンチ工法の施工をしております。
このフォレストベンチ工法は、東日本大震災の巨大津波にも耐えました。
こちらにて紹介させていただきました畠山重篤氏の自宅は、フォレストベンチ工法により、2011年3月11日に発生した巨大津波より難を逃れた事例のひとつです。
高台にあったことも難を逃れることができた要因のひとつですが、加えて、フォレストベンチ工法によって強化された斜面があったことも巨大津波より難を逃れた要因と言えるでしょう。
フォレストベンチ研究会では、その旨をレポートし、映像にて伝えております。
下記動画よりそのときの模様をご確認いただけます。
●東日本大震災 気仙沼レポート
 (気仙沼市唐桑町畠山邸 2011年4月8日撮影)

 
弊社は、今回紹介させていただいたフォレストベンチ工法を含む、さまざまな技術を用いて、今後も災害に強い新しいまちづくりに積極的に取り組んで参ります。
▲このページのトップへ戻る